男性

働く場所を考えるときに

大阪で賃貸オフィスを借りて起業しようと思ったときは、オフィスだけを見るのではなく、そこにたどりつくまでの環境もチェックする必要があります。オフィスを借りようと思っている地域に詳しい不動産会社に依頼をするなど、仕事に合った賃貸オフィスを見つけていきましょう。

詳しく見る

オフィス

業種別のオフィス探し

IT企業は情報インフラを重視して広い貸事務所を求める傾向が強く、通常の企業はコストと働きやすさにこだわって、物件を選ぶケースが多いです。新しいビル内の貸事務所は、安全性が高い点が魅力であり、クリニック向けの物件が増えているのも最近の傾向です。

詳しく見る

女性

費用の想定を

オフィス移転をする時は、坪数の確認が大切です。オフィス移転の費用を上手く抑えるには、なるべく1社への依頼で済ませることも重要です。オフィス移転をする際には、移転先でどのような工事が必要かの確認も重要です。

詳しく見る

ダンススタジオ

設備がしっかりしている

梅田のレンタルダンススタジオには大人数で使える場所や少人数向けの場所等色々な場所があります。ダンス以外の用途でももちろん利用できるのでよくレンタルされています。色々な設備が整っているので快適に利用できるのが嬉しいです。

詳しく見る

オフィス

良質な物件を見つけるコツ

面積や形状が様々な東京の貸事務所を探す時には、不動産会社に希望を伝えてから、手ごろな物件を紹介してもらうのが賢い方法です。値下げ交渉も代行してくれるのが東京の不動産会社の魅力であり、リニューアル済みのオフィスや新築ビルも紹介してくれるので、顧客の喜びも大きいです。

詳しく見る

割安な物件の探し方

女の人

コストを節約するコツ

オフィス需要が伸びている東京で、賃料が割安な貸事務所を探すためには、地道に物件情報を集めることが重要です。企業向けの不動産情報サイトや、個別の仲介業者のホームページを訪れる方法もありますが、実際に街を歩いてテナント募集情報を調べるのが効率的です。特に東京都心部の裏通りには、空室率が高いオフィスビルも多いために、坪当たりの家賃が1万円程度の貸事務所も見つけやすいです。高度経済成長期に建設された小規模なオフィスビルは、とりわけ賃料が割安なので、本社移転を検討中の東京の中小企業にも最適です。しかしオフィス移転を考えている企業は、貸事務所のグレードの高さにこだわる傾向が強く、新築物件へのニーズも大きいです。不動産会社が自社で開発したオフィスビルであれば、仲介手数料無料で入居できる場合も多く、初期費用を節約することも可能です。また賃料や保証金が割安で、設備が充実している貸事務所を東京都心部で探すためには、リニューアル物件に着目することが大切です。耐震リフォームやエレベーターのリニューアル工事を実施したビルは、とりわけ安全性と快適性が高いために、入居を検討中の企業関係者の間でも評判です。そして仲介業者やビルの所有者が提示した賃料や初期費用を、更に値下げしてもらうために交渉を行うのが、プロのテクニックです。周辺の賃料相場などの情報を調べたうえで交渉に臨んだり、契約期間や管理費などについても詳細に取り決めを行うのが、賢く入居するためのポイントです。