業種別のオフィス探し

オフィス

代表的な物件の概要

業種によって最適な貸事務所のタイプは異なるので、物件を選ぶときには、費用対効果も含めて慎重に情報を集めるべきです。特に高成長が見込めるIT企業の場合には、大都市中心部で面積にゆとりのある物件を選び、社員数の増加に対応することが大切です。IT企業がビジネスを行う上では、インターネットが重要な役割を果たすので、情報インフラにこだわって貸事務所を探すのが理想的です。しかし通常の企業がオフィスを探す時には、コストを強く意識することが多いために、坪当たりの賃料の安さを重視するケースが一般的です。更に社員が快適に働ける環境を整えることも大切であり、エレベーターと個別空調が完備している、質の高いビル内の貸事務所への需要も大きいです。新築の大型ビルは免震構造である場合が多いので、オフィスを移転することで、災害時の事業の継続性も確保できるでしょう。また高齢化に伴ってクリニックや介護施設の運営業者が、アクセスが便利な場所で、30坪程度の貸事務所を探す動きも活発です。とりわけニーズが増えているのは、バリアフリー化が完了しているオフィスビル内にある、一階部分の貸事務所です。不動産会社も医療モールなどの、特定の業種を対象としたオフィスビルの開発に力を入れているので、手ごろな物件もすぐに見つかるでしょう。開業医は安全性の高いビルを希望する傾向が顕著であり、貸事務所を経営するオーナーも、耐震リフォーム工事に積極的です。